漢方薬、基本の「き」 ~何から出来てるの?~

「漢方薬局を営んでいます」

と言うと…

「健康によさそうですね」

「漢方を日常生活に取り入れられるといいですね!」

「漢方で美を取り入れたいです♪」

な~んて言葉をよくかけていただきます。

 

あなたは、「漢方」と聞くとどんなことを想像しますか?

 

 

正直…

「なんか苦そう…」

「効果がでるまで時間がかかりそう…」

「そもそも、漢方って何なのかよく分からない…」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

漢方は、何千年も前から、

植物の根や草、実などを体に入れたとき、

 

これは体の不調を治してくれるのでは?!

 

という発見の繰り返しと、試行錯誤が繰り返され…

 

 

口伝えや書物によって確立され、

広まった伝統医学。

 

 

中国が発症の地ではありますが、

 

日本では、

織田信長が、岐阜県の伊吹山に

たくさんの薬草を植えさせて

病気やケガの治療に備えたといわれたり、

 

 

徳川家康も、薬の調合を勉強し、

自身の健康維持管理に服用していたといわれています。

 

 

その材料は、植物がほとんどですが、

 

中には

動物性のものや鉱物由来のものも。

 

 

なんと!! 珍しいものでは、

 

鹿の角、

牛の胆石、

ガマガエルの分泌液

なんていうものも!!

 

 

何千年もの間、

材料それぞれの効能効果が分かってきて、

科学がこれだけ発展した現代でも

使われているんですね。

 

 

「漢方薬」といえば、

病院で処方される

「ツムラの〇〇番」だったら飲んだことあるよ!

という人も多いのでは?

 

 

日本では80%以上の医師が、

こういった製薬メーカーの漢方薬を処方した経験があるというデータがあります。

 

病院で処方される、粉の漢方薬は

インスタントコーヒーの作り方をマネして製造されています。

 

ですが、、、

 

 

 

本来の漢方薬は、

木の根や草などの原料を

コトコト煮込んで煎じたものを服用します。

 

あるいは、

 

丸剤といって、

ハチミツや米粉で原料の粉末を固めて丸くするものも。

 

 

病院で処方される粉の漢方薬は

「インスタントコーヒー」

 

本格的に煎じる漢方薬は

「焙煎コーヒー」。

 

 

こう思っていただけると、

それぞれのメリット・デメリットが

なんとなく、分かっていただけるかと…

 

 

漢方薬。。。

インスタントもいいけれど、

 

本格焙煎も

チョッと試してみたくなりませんか???

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

漢方の学びで

同年代に差をつける

~自分癒しの漢方お茶会~

★★ 詳細はこちら ★★

 

*おかげさまで、

今月は満席御礼となりました。

次回は来年より再開します!!

 

既に、リピートいただき姉妹でお申込みの方

親子で参加お申込みいただいた方もいらっしゃって、

ありがとうございます!!

 

↓残席数は、随時サイトに更新させていただきます。

★★ ご確認ください ★★

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~ らくらく本格煎じ薬 ~

横浜 つむぎ漢方薬局

♪ お問合せ・ご相談はこちら ♪

よく読まれてる記事

  1. 漢方の副作用、知っておきたいあなたへ

  2. 漢方薬の何がよいの?<お客さまの声ベスト5>

  3. 【効能】高血圧の症状 漢方薬の種類まとめ ~5選~

  4. 本格漢方薬とは

  5. 漢方薬はどのくらいの期間で効果がでるのか

  6. 女性の【ストレス症状】なりやすい体質3タイプ ~かんたん漢方…

PAGE TOP