胃に優しい、意外な食材

漢方胃腸薬は、
即効性のあるものが多いのですが


身近に知ってるこんな素材も
胃にやさしいなんて驚きです。


★---------------ーー
|  想い叶える人生をつむぐ
| ~ 東洋思想 & 心の整え方 ~
★---------------ーー

----------------
PR)
7月30日での限定公開。


「健康をテーマ」に仕事をされている方へ
こちらをご覧ください ↓


無料WEBセミナー
 ~ 詳細はここをクリック ~


----------------


この身近な素材、、、


ヒントは、海でとれるものです。


わたしはこれが大好物ですが、


過去のトラウマで
絶対に見たくもない!
という方もいらっしゃるかもしれません。


焼いても美味しいし、
生でもおいしい。


鍋にいれたり
フライにしたりもいいですね。


漢方では、
これの「殻」をつかいます。

 

 


さて、なんだと思いますか?

 

 


正解は、、、


「牡蠣の殻」です。


漢方では、
牡蠣と書いて「ボレイ」


とよみます。


ボレイは
牡蠣の殻を砕いたもの。


胃酸の分泌を抑えてくれる
作用があります。


そして、


精神的に安定させる
作用もあります。


胃腸が具合悪くなる原因の
8割はストレスといわれるくらい、


メンタルがやられて
調子がわるくなること
多いもの。


牡蠣の殻は、
粉末でも飲むことはできますが、


おススメなのは、煎じて飲むことです。


1時間くらい「長時間」煎じ続けると
効果的であると
古文書にも記載されています。


牡蠣の殻が
胃酸の分泌を抑えて
メンタルにも効くなんて、


誰が発見したのでしょうね。
ありがたいことです。


牡蠣の殻だけで飲むよりも
ほかの生薬とあわせて煎じると
相乗効果がうまれます。


むかしの人の知恵に感謝しつつ
今日も使わせていただきます!


P.S.
慢性的な胃の不調は
即効性はないものの
三歩すすんで二歩さがる、


という感覚で
着実に上向くお手伝いをしています。


いろいろ試したけど、良くならない。
なるべく病院の薬は飲みたくない。


という方は、
試す価値あります。


P.P.S.
メンタルの効果を
さらにパワーアップさせるには
竜骨(りゅうこつ)という象などの
大型哺乳類の化石を加えます。


竜の骨なんて名前、
よくつけたものだと思います。


P.P.P.S.
慢性的に胃の弱い方は
漢方での体質改善と同時に
食事と心の整え方も気をつけられると効果的。


個別漢方相談では、
そういったことも
お話させていただいてます。

関連記事

  1. 横浜 つむぎ漢方薬局 プロフィール ~半生を振り返って~

  2. 【満席御礼】漢方お茶会を開催しました

  3. 中庸でいてね

  4. 終戦、こんな舞台裏があったのか…

  5. そのイライラの、ホントの原因

  6. 今すぐ、ワタシニできること。

PAGE TOP