妊活に「精」を蓄える、意外な漢方薬とその理由(流産予防にも)

こんにちは!
村田です。

妊活に漢方はいいかも!?と相談いただく方の中には、
「精力を上げるよいものはありませんか?」
というご質問も多いです。

今日は、『精』を生み出す漢方薬についてお伝えします。


<精を生み出す臓器>

漢方では、精を司る臓器を「腎」と考えます。
「腎」と書いても、腎臓だけでなく成長や生殖機能を司る臓器なのです。

東洋医学の古典『皇帝内経(こうていだいけい)』には
女性は体のリズムが7の倍数で変化するという記述があります。

7歳ごとに体の機能が節目を迎えるという意味です。
具体的には…

・7歳で髪が伸び、歯が生え変わり
・14歳で初潮を迎え
・21歳で女性として体が成熟期を迎え
・28歳で女性として体がもっとも成熟し
・35歳で女性機能の老化がはじまり
・42歳でシワが目立ち、白髪が増え始め
・49歳で閉経を迎え肉体的に衰え始める

というものです。

女性の身体が28歳でピークを迎えるという点や、
一般的な閉経年齢においても
現代でも当てはまることがわかります。

この年齢による機能の盛衰を『腎』と考え、
衰えを補う薬を『補腎薬』といいます。

老化を遅らせるための
アンチエイジングともいえる薬です。

35歳で、女性機能の老化がはじまるとされ、
補腎薬は必ずお勧めしています。

ちなみに
男性は8の倍数でリズムが変わると考えます。
なんとも面白い考え方ですよね。

男女ともにお勧めの
若返り漢方ともいえるのが、補腎薬なのです。


<最高の補腎薬とは>

補腎薬にはいくつか種類がありますが
最高の補腎薬は「鹿茸(ろくじょう)」です。

鹿茸とは、まさに鹿の角が原料になります。

「鹿の角を飲むのですか?!」
と、よく驚かれるのですが
そうなのです!!!

奈良時代から
天皇や貴族が薬猟(くすりがり)といって
鹿の角を薬として採っていた行事の記録もあります。

香港や台湾では、漢方薬店の看板に
「人参鹿茸荘」と書かれていて、
薬の代名詞になっています。

鹿の角は1年周期で生え変わり
自然に角が落ちます。

鹿茸は、その落ちた角を使うのではなく
生えはじめの、角の毛がふさふさしている
生温かい角を切って使います。

骨化する前の
元気の源がギュッとつまった角は
腎を効果的に補ってくれるのです。


<補腎の作用とは>

当店の鹿茸は、医薬品として
厚生労働省から認可されているものを使っています。

鹿茸の作用としては
男性ホルモン、女性ホルモンを活発化
生殖機能を改善してくれるだけでなく、

慢性病の滋養強壮をはじめ、
やる気がでない、かすみ目、めまい
下痢などの症状にも効果的です。

筋や骨を強くする作用もあります。

体の中からじんわり温める作用があるので、
のぼせやすい人には
別の補腎薬をおすすめするか
服用量を少なくしてお飲みいただきます。


<補腎薬の種類>

鹿茸製剤の種類については
品質は様々です。

中国産の粉末鹿茸が販売されていることもありますが、
何が原料なのか不安なので、お勧めしません。

信頼できるメーカーから購入するのが安全です。

以前は鹿の角をそのまま購入して、
焼酎に漬けていただいたこともありました。

最近では、品質のよい鹿茸そのものが
なかなか手に入りません。

当店では、カプセル剤か粉薬の
鹿茸製剤をお勧めしています。

鹿茸の量が多いものは、カプセル剤です。

粉薬は、鹿茸の他にもプラスされた生薬が
体に潤いをもたらす成分です。

その方の症状や体質、
他に併用する漢方によっても
お勧めしたいものが違ってきます。


<補腎薬が効果的な人って?>

次のような方には、特に鹿茸をお勧めします。

・35歳以上で、赤ちゃんを望む方
・やせの大食いタイプ
・胃にぽちゃぽちゃと水がたまる音がする方
・食後に眠くなる、または食後に膨満感がある
・軟便ぎみ
・季節の変わり目になると、体調を崩しがち
・水仕事、冷える環境で働いている
・夏バテしやすい
・お腹が冷たい
・足が冷えて寝られないこともある
・冷えに弱い など…

<流産が不安と思う方に>

ちなみに、妊娠中の方にこそ
赤ちゃんが健康に育ってくれるために
飲んでいただきたいのが鹿茸になります。

妊娠したいけれど、
流産を繰り返していて不安…
と思う方には、
妊娠中に飲み続けていただきます。

無事に赤ちゃんが育つための
お母さんの身体づくりに
たいへんお勧めなのです。

<効果的な補腎薬の飲み方>

 補腎薬は、最低でも4ヶ月継続いただける方にだけ
お譲りしています。

短期間で飲むのをやめてしまうと
補腎の効果が発揮されず、もったいないのです。

服用量は少ない場合でも、
細く長―く、飲み続けていただくのがお勧めです。
じんわり効いてきてくれます。

逆に、量をしっかり飲んでいただけると
1〜2ヶ月で効果を感じられる方が多いです。

顕微授精を最初から勧められるような
男性の方でも、2ヶ月ほどで改善が認められて
「クリニックから褒められました」
というお声もあります。

<まとめ>

「精」を補う最高の補腎薬として鹿茸をご紹介しましたが
いかがでしたか?

当店では、鹿茸製剤をはじめ、
気になる漢方は『無料』でお試しいただくことができます。

あなたの体調や体質にあうものを、ご提案させていただきます。

「検討してみたい!」という方は、気軽にお声がけくださいね。


P.S.)
漢方的に考えると、
男性の方で「冷えが気になる」という方は
健康面でも要注意です!

妊活が目的という方でも、
これから続く長い人生を健康に過ごすために
今からケアされてくださいね。

よく読まれてる記事

  1. 不妊リスクを上げる炭水化物とは?あなたも5割は食べている?!…

  2. 妊活ブログ「体外受精、ダメだと思うけど」からの…

    体外受精「妊娠判定、ダメだと思います」からの…

  3. 流産を乗り越える|漢方を取り入れた不妊治療とは?

  4. 妊活中の女性はコーヒー、お酒を控えるべき?妊娠に影響する飲み…

  5. 不妊リスクを高める食べ物、これさえ食べれば妊娠できる?!

  6. 妊娠中に飲める漢方薬、飲めない漢方薬について

    妊娠中に飲んでいい & 飲まないほうがよい漢方薬と、…

PAGE TOP