葛根湯とカロナールを同時に飲まない方がよい理由【コロナ陽性でも】

こんにちは!村田です。

病院にかかると解熱剤として
よく処方されるカロナールですが、

葛根湯と一緒に飲んでよいですか?
というご質問があったので、こちらでもお伝えしますね。

葛根湯とカロナールを併用するなら
どうするのがおすすめか
漢方薬だけでも熱は下がるのか、
についてもお伝えします。

持病のある方、ご高齢の方、判断に迷う場合は、かかりつけ医、または薬剤師にご相談ください。

葛根湯とカロナールを併用すること自体は
ダメという話ではありません。

今回は、より効果的な服用方法という観点で、お伝えします。

熱がでるのは、突然のこと。
事前に、ゆったりした時間に知っておくのをオススメします。

ぜひ、最後までお読みください。

▶︎葛根湯とカロナールを同時に飲まない方がよい理由

結論から先にお伝えすると、
葛根湯とカロナールのような解熱剤は
相反する作用なので、安易な併用はおすすめしません

葛根湯 → 熱を上げて体の表面を温める薬
カロナール →熱を下げて、体温を下げる薬

なのですが、

風邪で高熱のとき、一刻も早く熱をさげなきゃ!
と思い、焦ってしまうことも多いと思います。


発熱=最悪」 とは、必ずしも限らない

というのが漢方の考え方にあります。

★なぜ葛根湯で熱をあげるの?

葛根湯を飲んで、
身体の表面の熱をあげる理由のひとつとして、
体温が上がることで
体の免疫力が高まることが挙げられます。

一旦熱は上がるけど、
ウィルスをやっつけて、逆に早く熱を下げてくれるのです。

・風邪のひき始め
・寒気がする
・関節が痛い

というときに
この「寒気」がしたら葛根湯の服用合図です。

江戸時代は、うどん屋さんで売っていたと伝えられる葛根湯。
うどん屋さんで薬を売っているなんて
今では考えられないですね。

風邪をひいたときには、温かいうどんやお粥を食べて、布団をしっかりかけて、暖かくして寝る。

当たり前に言われてきたことは、
理にかなっていますね。

▶︎カロナールが処方されたときの、服用タイミング

カロナールの服用には
「38.5°以上を目安に飲む」という指示が
でていることが多いと思います。

つまり、高熱で体力が奪われている時に服用するのが最適です。
熱が何日も続くと、回復させる体力がなくなることも。
そんなときに解熱薬を服用すると、ラクになります。

ただし、状況によっては
いくらカロナールを飲んでも熱が下がらない
という方もいらっしゃいます。

タイミング的なところもありますが、
どうしても熱を下げたいときには
別の解熱剤を試してください。

カロナールは
妊婦さんでも飲めるほどの
比較的マイルドなお薬になります。

ドラッグストアにいけば
いろんな解熱剤があって
迷ってしまうと思いますが

お店にならんでいる薬の効き目は
「微差」であることが多いです。

似たような効能が書かれていたら
「えぃ!」という感覚で
選んでいただいてよいかと思います。

 

★ちいさいお子さんの場合は、、

ちなみに、

小学校低学年くらいまでのお子さんが、水分もとれないほど体がぐったりする時には、

夜中でもすぐに救急車を呼ぶことを検討してみて。


小さな子どもは、水分量が成人と比べて多いので、脱水すると悪化するのが早いので

必要と判断されたら、点滴をして水分補給してもらうのをオススメします。

ですが、
日頃は体が丈夫で、熱が出ても比較的元気。寒気が続くけど、水分はとれるよ!というときは

解熱剤の服用は、様子をみてよいことが多いです。

 

★おでこを冷やす、○○ピタは不要?!

スペイン風邪が大流行した、その昔、、
多くの人が亡くなりました。

ふるえるほどの寒気でも
高熱にびっくりして氷枕や氷のうで、しっかり冷やしたことが原因かも、、という専門家も。


一般的に、汗をかけるようになると寒気はおさまり、布団から足を出したくなるほど体がポカポカしてきます。

氷枕や〇〇ピタは、そんな時につかうと、便利で気持ちがいいものです。

身体の声にあわせて、使うタイミングをみるのをオススメします。

 

▶︎漢方薬だけでも、熱がさがるの?

では、漢方薬の服用だけで熱がさがるのか、大丈夫なのか、、
ちょっと疑問ですね。

風邪の服用時、葛根湯は効果が早く出る方剤です。

新型コロナに漢方薬と西洋薬の服用で比較した
東北大学の研究では、
葛根湯と小柴胡湯桔梗石膏を併用した結果、
漢方薬だけでも熱がさがるデータが発表されています。

しかも、西洋薬よりも漢方薬群のほうが
一日早く、熱が下がっています。

ですが、
西洋薬、漢方薬の両者とも、
熱が下がり出しているのは
発症後2日目以降という結果に

漢方薬にせよ、西洋薬にせよ、
服用後、すぐに熱が下がるのではなく
数日経っての解熱が大半のようです。

焦らず、
身体全体の様子をみられてくださいね。

とはいえ、高熱続きは辛いものです。
日頃から、免疫力あるカラダになって
無理をしすぎないでいられることが一番ですね。


まとめ

発熱時、葛根湯を服用したら、焦ってカロナールを併用するよりも、
暖かくして、しっかり汗をかくこと。

38.5°以上の高熱を目安に
「体力がもたないーー!」
というときに、カロナールを併用するのがおすすめです。

P.S.)
昨日、
2週間ほど前にコロナ感染されたお客さまから
「陽性とわかり、すぐに漢方薬を飲めて
 ほんとうに助かりました」

と言っていただけましたが、、

なんと、高熱でも食欲があり
唐揚げを食べられたそうです!

しかも、このお客さまは
今は、体力をつけられていく段階
という方だったので、
ほんとうに驚きました。

「コロナ陽性には唐揚げ食べてね、」
ということではないのですが(笑)

それだけ「氣」が充実されていた
ということだと感じました!

引き続き、お大事になさってください。

 

P.P.S.)
今日も、ステキなお写真
ご紹介します!!!


鳥居から昇る、ご来光。

ほんとうに素敵ですよね。
いつも、ありがとうございます!!

今日も、ご機嫌でいきましょう♪

 

よく読まれてる記事

  1. タピ活、危険…

  2. 渋谷で話題のスポットなのに、、

  3. 明治3年創業の、すごい温泉

  4. 今すぐ、ワタシニできること。

  5. 血の滞りが、目で見てわかる方法

  6. 「あいのやかた」に行きました

PAGE TOP